ソロキャンプで使った道具たちの感想とねこのキジトラの日常

Mavic proの予備バッテリー考察

Mavic proをキャンプにつれていくにあたって、

バッテリー問題を考えてみた。

しかし今回も答えは出ていません。。

まず、Mavic pro純正のバッテリー容量は3830mAhである。

そして、バッテリーの充電は専用充電器があり、AC電源が必要になる。

予備バッテリーは1個あたり約1万円。(Amazon調べ)

Mavic proのバッテリーはスペック値で約27分のフライトとなっており、

大体のレビューでは実質20分ほどだという。

キャンプ中、つい何度も飛ばしたくなることを想定して予備バッテリーを買っておくべきか、

もしくはAC出力対応のモバイルバッテリーを購入しておこうか迷っていたので記事にしました。

調べたらあったんですよ。現代はすごいですね

NexGadget モバイルバッテリー 24000mAh 大容量 薄型 超急速充電 3USBポートと1ACコンセント ノートPC/各種類スマホ対応

なんとUSBポートだけでなくACコンセントを装備しているモバイルバッテリー。

しかも容量24000mAh。

つまり、単純計算で言えばMavic proのバッテリーをこいつ単体で6回ほど充電可能。

実際はそこまでもたないことを考えても、4,5回はフライトさせられるでしょう。

これ、予備のバッテリー買うよりこいつ買ったほうがいいんじゃないだろうか?

あとは重さの問題か・・

このモバイルバッテリーは約1kg。

Mavic proのバッテリーの重量はいくつなんだろう・・

調べたら、どうやらバッテリーの重量は約230g

ということは・・バッテリー4個くらいとこのモバイルバッテリー1個がイーブンか

うーーーむ

しかしまあ、このモバイルバッテリーの価格が約13000円程度であることを考えると、バッテリー4個4万円買うより圧倒的に安く済むし、

重さで言えばだいたいイーブン、使える回数もほぼ同じということであれば、、、

ここはモバイルバッテリーでいいのかなぁ

いや、重さはもうひとつ充電器の重さもかかってくることを考えたら、重さでは不利ということですね

迷いますねこの選択は

メニュー

目次

PAGE TOP