ソロキャンプで使った道具たちの感想とねこのキジトラの日常

ロゴス(LOGOS) プッシュアップポール 250cm プッシュピン 高さ調節 105cmから250cmまで34段階

ロゴス(LOGOS) プッシュアップポール 250cm プッシュピン 高さ調節 105cmから250cmまで34段階

概要

  • 総重量:約670g
  • 長さは105cmから250cmの間で34段階選択可能
  • 選んだ高さでしっかり固定できるプッシュピン方式

特徴

無段階調整が効くので、高さ調節がとてもしやすい。

使用感

一人でタープ設営したあとでも、徐々に高さを変えて適当な高さにセットできます。

一旦設営してから、自在の長さ調整やペグダウンのポイントをずらして綺麗にはれます

総合評価

長さが調整できるといろいろな場面で使えると思うので非常に使い勝手がいい。

ソロではポール一本で十分そうですが、これが2~4本あれば広めのタープを張る時に相当楽に自由なスタイルで張れそうです。

巾着田キャンプ場ソロデイキャンプ

iPhoneのパノラマ撮影で

今回もタープ設営です。このあとポールの高さを調整してもっと高くしたら快適でした。

ポールはロゴスのこれを使いました。

タープがわりに張ったのはGREETOPのこれです。

駐車場が近い向こうのスペースはたくさんのファミリーキャンプでにぎわっていました。川も、子供達がいっぱい泳いでました。

自分も足くらいは浸かろうと思ったんですが、水質を目視で見た感じちょっと入りたくなくなってしまいました・・・

管理事務所?みたいなところにトイレがあるんですが、手洗いにビオレの石鹸が設置してあって最高に気に入りました。

ここの名物?なのか「まんじゅうしゃげ」というまんじゅうを売っている売店があり、店主の方に話を聞かせてもらったところ、秋はこのあたり一帯に曼珠沙華が咲き乱れるそうです。秋頃また来たいと思えるいいところでした。

タープ内から。

風が時々強く吹いたりしていましたが、基本的にはとても過ごしやすい気候でビールもすごくうまかったです。

歩いて200mほどの近所に、セブンイレブンがあったので今回の食料はほとんどそこで調達しました。

売店にもビールとかアイス、ポテチなどがあるので手ぶらでもどうにかなります。

動画は今回あまり撮影していませんが、ドローンも飛ばしたので後日編集してアップします。

撤収。

ロゴス(LOGOS) 着火剤 固形燃料 エコココロゴス・ミニラウンドストーブ4 ecoなヤシガラ炭

ロゴス(LOGOS) 着火剤 固形燃料 エコココロゴス・ミニラウンドストーブ4 ecoなヤシガラ炭

概要

Amazon価格¥578

4個入り約600g

特徴

着火が容易

火力も強め

においも気にならないレベル

使用感

着火はたしかにものすごくよかったです

着火した瞬間一気に全体が燃え上がって、一瞬ビビリましたがそのあとはすぐ落ち着いて、安定した火力のまま2時間ほど燃えていました。

うなぎを炙って食べて、そのあともえいひれを炙ってちまちまと食べていましたが安定して長時間燃えているのでソロキャンプで使うぶんには非常に使いやすいです。

オガ炭と合わせて使うかと思っていましたが、ソロキャンプならこれを2個ほど持っていけば、炭火焼きを腹いっぱい十二分に楽しめます。

総合評価

オガ炭に代わるお手軽燃料として今後もお世話になりそうです。

ラップにでもくるんで持っていけば嵩張りませんし、

なによりほんとに着火が楽でした。

といってもライターやチャッカマンで炙るというよりは、

杉の枯れ葉でも少し拾ってきて、それの上にこれをセット、

枯れ葉にライターで点火すれば枯れ葉の燃え上がりなら十分こいつにも燃え移ります。

氷川キャンプ場ソロデイキャンプの動画をアップロードしました

今回は、テントを張らずに

グラウンドシートをタープ代わりに、デイキャンプしてきました

Maxboostのウッドストーブを持っていき、オガ炭でうなぎの炭火焼きとパン、

自己流のマーボー豚バラ炒めを食べてきました。

途中、氷川キャンプ場近くのもえぎの湯までの道中と、

奥多摩の空撮が収録されています。

大岳キャンプ場でのソロキャンプ動画アップしました

大岳鍾乳洞入口のバス停で降りたところから坂を登ってキャンプ場まで徒歩、

その後設営、

DJI Mavic proによる空撮と鍾乳洞探検

再度空撮から墜落まで・・

夕方から夜中まで焚き火をして、朝食をたべて撤収する動画です。

空撮と鍾乳洞内の映像は別にしてもよかった気もしますが・・

撮影は

iPhone6S Plus(カメラジンバル装備)

iPad mini

DJI Mavic pro

カメラジンバルはカメラスタビライザー 3XSTBL2R

次のキャンプ候補地メモ

巾着田キャンプ場

氷川キャンプ場バックパックソロデイキャンプ

随分と長いタイトルになりましたが・・

行ってきました奥多摩駅は氷川キャンプ場デイキャンプ

今日はかなり軽装、何しろデイキャンプでした。

連休の最終二日前とあって、最後の宿泊キャンプができる日でもあったので

現場は激混みでした。

もう本当にすぐ隣が別のキャンパー、といった感じですし詰め状態でした

今回はテントを持って行かず、

普段テントの下に敷いているグラウンドシートをタープ代わりにしてみました。

本当はAmazonで注文しておいたタープポールを持っていく予定だったのですが、

自分の手違いで受け取れておらず、テントの前室用のポールを持って行きました

しかしこれはタープポールとしては使い物にならず、

たまたま陣取った場所が木のある場所だったため

木にガイラインを結んでタープポール代わりとしました。

しかし風が強い日は方向を考えないとタープ張れませんね・・

だいぶなんども張り直してやっと設営できました。

GEERTOPのグラウンドシートをタープ代わりに

到着はだいたい10時頃でしたが、

設営が終わって一息つけたのがもう正午間近でした。

謎のインスタントラーメンTOKYO UENO ZOO

この、謎のインスタントラーメンTOKYO UENO ZOOラーメンをいただきましたが

醤油ベースのたいへん濃厚な美味しいラーメンでした。

この後、散歩がてらこのキャンプ場に近接していることで有名な

もてぎの湯まで散歩しに行きました。

道中の映像を3軸ジンバルに装着したiPhoneで撮影しましたので、

いずれ動画をアップロードしたいと思います。

途中、車の誘導をなさっている係の方にジンバルについて質問されましたw

もてぎの湯の目の前まで撮影して、キャンプ場に戻りました。

戻る途中、ドローンを飛ばして吊り橋の上から氷川キャンプ場のテントサイトを

上空から撮影したりして遊びました。

そしてまたしてもうなぎ

これまた最高にうまかったです。ビールとの相性も最高!

もし機会があったら、ぜひおためしください。

 

このパンがまたうまくてですね・・

そしてとどめはこの麻婆

刻んだネギをごま油で炒め、そこに甜麵醬、豆板醤、コチュジャン、

にんにく、生姜、醤油、胡椒、山椒、これまた花椒(ホワジャオ)を加えて炒めます。

最後に、好きな肉をこの中に入れて火を通せばバッチリ完成!

とても食欲やビールを誘う味付けの、四川風麻婆炒めが完成します

これ、めちゃくちゃうまいです

今日は豚バラ肉を煮込むように炒めました。

そんなわけで、今回は初のデイキャンプとなりましたが

手軽に味わえるキャンプといった感じで、デイキャンプもいいなぁと思った一日でした。

タープを張る時の風向きの考え方などがよくわかったので、

次回はちゃんとしたタープポールをつかって

もっと自由な場所に設営する練習をしたいと思います。

生えている木をタープポールがわりにするしかなかったので・・

自在の使い方もわかりましたし収穫あるキャンプでした。

しかしやっぱりここは混みます。

帰りに撤収作業をしていたら、有名な大学のワンゲル部かなにかが到着して、

一斉に複数のテントを設営しはじめてタイムアタックしていました。

どうやらカレーを煮炊きしていたようですが、

近すぎて会話が丸聞こえでおもしろかったんです。

たぶんロッジ泊の別の集団で、女子大生の集団が川遊びをしていたのですが

そちらを見ながら「あれ大学生?高校生?いやあの感じは大学生だろー」「よし様子みてこい!」って感じで

非常に大学生の野郎集団らしい会話を繰り広げていておもしろかったです。

声かけてこい!

じゃなくて

様子みてこい!

ってところが。

大岳キャンプ場ソロキャンプ

いってきました

大岳キャンプ場はあきる野市の山奥にあります。

ルートとしては、

武蔵五日市駅からバスに乗って大体30分ほどの地点に、

大岳鍾乳洞入口というバス停があります。

この看板を右手に入り、ひたすらまっすぐこれまた30分ほど山道を登っていくとキャンプ場はあります。

このキャンプ場&鍾乳洞入場の受付を真ん中として、

受付の上サイトと下サイトにわかれてキャンプサイトがあります。

この日はとても空いていたようで、自分が泊まった上サイトは終日貸し切り状態でした!

翌朝の帰りにトコトコ山道を下っている時に下サイトを通りがかりましたが、二組のキャンパーさんがテントを張っていらっしゃいました。

大岳キャンプ場 上サイトのパノラマ画像

この広さを独り占めできて最高でした・・・

たどり着くまでが本当に大変でしたが、たどり着けさえすれば本当にいい場所です。

下サイトにはトイレがなく、蛇口の壊れた出っぱなしの水道があるのみですが

上サイトには管理棟(半無人ですけど)があり、管理人さんが午前中だけ滞在されていました。

管理棟にあるオープンカフェのようなスペースから

トイレも男女こんなに綺麗

勢いよく出る水道

管理人さんさえ滞在中ならば、ここでビールや他の飲み物、薪なども購入できるようです。

事前に調べた情報では携帯電波無し、とありましたが本当に圏外でした!

東京にも携帯電波圏外があるとは思いませんでしたが、

無料Wifiを飛ばしてくれているのでたすかりました。

午前中はテント設営などでダラダラしてしまったので、今回は下の受付棟まで200mくらい?坂道を下って受付棟で薪を購入させてもらいました。

今回は前回よりもちゃんとテントの張り方を把握してから行ったので、

わりと綺麗にテントを張ることができました・・

ブログでも以前記事にしました、KingcampのKT3008です。前室の広さが気に入っています。

テントを張った場所からの眺望

すぐ下には川が流れており、天然の冷蔵庫として飲食物をつけさせてもらいました。

テント設営後、本当はお腹が空いていたのですが

今回はコンロを持ってきておらず、薪を買いに行く前にビールで一息ついて、それからやっと薪を買いに行って火を起こしました。

銀波露という名前のインスタントラーメンで、豚骨醤油?だと思うんですが

とりあえずラーメンを食べてるうちにパンも食べたくなったので急遽焼きました。

ラーメンもパンも、ものすごい旨さでした・・

一休み後、今回のメインイベントといってもいい大岳鍾乳洞の探検に出かけました。

受付で入場料500円を払い、ヘルメットをお借りして入洞。

内部の動画を撮影しましたが、まだ編集が済んでいないので後日アップロードしようと思います。

テントに戻ってきて、もうひとつのイベント

うなぎを直火で焼いて食べてみました。

予想どおりものすごくうまかったです。

この後、もうひとつのイベント

DJIのMavic proドローンを飛ばして空撮もしました。

が、しかしこれも編集が終わっていないので、後日改めてアップロード予定です。

しかもなんと墜落させてしまったりショックな出来事も。

プロペラが死亡しただけで、付け替えて復活したので大事には至りませんでしたが、

充電して何度も飛ばしたかったのですが序盤で墜落させてしまったため、

かなりの時間もったいないことをしました・・

初めてのドローン飛行で楽しすぎて調子にのった結果、

茂みに突っ込ませてしまい高級芝刈り機のようになってしまっていました・・・

動画では墜落の瞬間までバッチリ写っていますので乞うご期待

 

この後は、

やることがなくなってしまったので

肉を焼いたりビールを飲んだり、ひたすら焚き火をして過ごしました。

大岳キャンプ場

ソロキャンプいってきました!

とりあえずでいくつかの画像を。

詳細なレポートはまとめて書こうと思います。

動画も編集してアップ予定です

バックパックソロキャンプにおける道具

バックパックソロキャンプにおいて、

道具をいかにコンパクトにまとめて必要なものだけを取捨選択するかは

体力的な意味でとても大事です。

もちろん、いろいろな道具を持っていけたらいろいろな場面で便利なのは間違いなく、

快適に過ごすために必要なものは持っていきたいものです。

しかし、オートキャンプなどとは違い、

道具を運ぶのはすべて自分の力だけだとしたら、

手に余るほどの荷物を持っているとキャンプ場に行くまでだけで疲れてしまい、

撤収後の帰宅道中に倒れてしまうかもしれません。

前回、初めてソロキャンプに行った時の道具の重量は下記の通りでした。

イス1kg

コンロ300g

ガス缶250g×3

ランタン150g

クッカー200g

カップ80g

カトラリー100g

バックパック2.3kg

ナイフ60g

iPad固定脚400g

手袋300g

ファイアスターター50g

グラウンドシート600g

網70g×2

ガスストーブ1.5kg

トング80g

焚き火台500g

テント4.1kg

シュラフ1.3kg

コット1.3kg

テーブル700g

ざっと20kgを超えますね・・

これは本当に重くて、

歩く時も常に気を張っていないとすぐによろけますし

電車の中で下手に荷物を背中からおろそうものなら、また持ち上げて背負うためにはかなりの気合を必要としました。

もちろん、一度キャンプをしてみて

これはいらないかな、と思う道具もあったので、

次回キャンプではその反省を活かして

かなり重量を削ってバックパックソロキャンプに臨もうと思っております。

DOGGiE BAG Maxboostフォールディングウッドストーブ TMX11-SF21JF001

DOGGiE BAG Maxboost(マックスブースト) フォールディングウッドストーブ (専用収納バッグ付き) [無期限保証] TMX11-SF21JF001

概要

Amazon価格¥2,780程度

17cm x 17cm x 18cm 重量525g

特徴

手軽に組み立てられて、解体後もわずか数cmの薄さにまとめられるので

バックパッキング時の収納にも困らない。

使用感

大きさも手軽さも、ソロキャンプで使うぶんにはまったく困らない。

一度使うとあちこち曲がるけど、ステンレスで薄いしこんなもんなんじゃないかと思います。

曲がったらまた曲げればいいし・・

ゴトクもついてるので、煮炊きにも十分使えます。

炭火だけ入れて暖房がわりに使うもよし、使い勝手はバッチリです

総合評価

チタン製の製品に比べるとどうしてもかなわないでしょうが、

ストーブとしての能力は申し分ない性能です。

値段もお手頃、大きさもお手頃、

4,5人以上のキャンプだとこれだと小さいかもしれませんが数人程度ならこれで十分焼けると思います。

ベストはソロ!

ちなみにこの商品、永久保証書がついてきます。

Mavic proの予備バッテリー考察

Mavic proをキャンプにつれていくにあたって、

バッテリー問題を考えてみた。

しかし今回も答えは出ていません。。

まず、Mavic pro純正のバッテリー容量は3830mAhである。

そして、バッテリーの充電は専用充電器があり、AC電源が必要になる。

予備バッテリーは1個あたり約1万円。(Amazon調べ)

Mavic proのバッテリーはスペック値で約27分のフライトとなっており、

大体のレビューでは実質20分ほどだという。

キャンプ中、つい何度も飛ばしたくなることを想定して予備バッテリーを買っておくべきか、

もしくはAC出力対応のモバイルバッテリーを購入しておこうか迷っていたので記事にしました。

調べたらあったんですよ。現代はすごいですね

NexGadget モバイルバッテリー 24000mAh 大容量 薄型 超急速充電 3USBポートと1ACコンセント ノートPC/各種類スマホ対応

なんとUSBポートだけでなくACコンセントを装備しているモバイルバッテリー。

しかも容量24000mAh。

つまり、単純計算で言えばMavic proのバッテリーをこいつ単体で6回ほど充電可能。

実際はそこまでもたないことを考えても、4,5回はフライトさせられるでしょう。

これ、予備のバッテリー買うよりこいつ買ったほうがいいんじゃないだろうか?

あとは重さの問題か・・

このモバイルバッテリーは約1kg。

Mavic proのバッテリーの重量はいくつなんだろう・・

調べたら、どうやらバッテリーの重量は約230g

ということは・・バッテリー4個くらいとこのモバイルバッテリー1個がイーブンか

うーーーむ

しかしまあ、このモバイルバッテリーの価格が約13000円程度であることを考えると、バッテリー4個4万円買うより圧倒的に安く済むし、

重さで言えばだいたいイーブン、使える回数もほぼ同じということであれば、、、

ここはモバイルバッテリーでいいのかなぁ

いや、重さはもうひとつ充電器の重さもかかってくることを考えたら、重さでは不利ということですね

迷いますねこの選択は

キジトラの日常6

座り込んで道をふさぐヤンキー

でもだんだん

ねむく・・

急に向かってきた

キャンプと刃物と銃刀法

タイトルそのまんまです。

そしてこの記事の結論を先に言っておきます。答えは出ていません。もやっとした終わり方をする記事ですのであしからず。。

 

ブッシュクラフトが流行っており、自分も少なからず興味があって色々調べているところです。

前回のキャンプで、自分はモーラナイフをつかってバトニングをしました。

もともとバトニングは楽しみにしていたイベントのひとつだったので楽しませてもらいました。

次回のキャンプで何をしようか計画しているうちに、

斧やノコギリで、倒木や落ちている枝などをつかって

かまどを作ったり、物をかけるハンガーを作ったり、イスを作ったり、

食器や串を作ったりしている人たちの動画をみつけました。

自分もやりたくなり、どんな刃物があるのか調べたりしているうち、

「そういえば、銃刀法違反じゃないのか?」と気になったわけです。

以下に、銃刀法での定義を引用します

定義

「刀剣類」とは、刃渡り15cm以上やり及びなぎなた刃渡り5.5cm以上あいくち並びに45度以上に自動的に開刃する装置を有する飛び出しナイフをいう。ただし、ここでいう飛び出しナイフには、一般の飛び出しナイフのうち、刃渡り5.5cm以下で、開刃した刃体をさやと直線に固定させる装置を有せず、刃先が直線であってみねの先端部が丸みを帯び、かつ、みねの上における切先から直線で1cmの点と切先とを結ぶ線が刃先の線に対して60度以上の角度で交わるものは含まれない(2条2項)。

 

 

モーラナイフの刃渡りは余裕で5.5cm以上あります。

一応鞘がわりにケースに入っていて、

キャンプに行く時にしか持ち歩かないので、たぶんですけどこの法には触れずに持ち歩けるのでしょう。

じゃなかったらみんな捕まっちゃいますしね・・

しかし、モーラナイフのように、

その用途がナイフの中でも比較的広く知られているナイフならまだいいですね。

今回、ブッシュクラフトの動画を見ていて思ったことは、

斧を使っている方が多いことです。

斧も、おそらくモーラナイフと同じようにその用途が簡単にわかり、持ち歩く時の状況も想像できます。なのでたぶんキャンプでまっとうに使う限りは銃刀法のお世話になることはそうそうないでしょう。

しかし、まだ実戦で使ったわけでなくあくまで想像ですが

個人的にはブッシュクラフトするならナタのようなものが扱いやすい気がしています。

薪割りも枝打ちも当然できますし、

ナイフではかったるそうなしかし斧だと大味になりすぎる、そんな微妙な工作もこなせるのではないかと思っています。

斧ならば、おそらく生えている木を切り倒すことすらできると思います。

しかしキャンプでさすがにそこまではしませんよね。

落ちている枯れ木をつかってタープポールを作ったり、

ちょっとしたものをかけておけるハンガーを作って地面に刺しておいたり、

その程度だと思います。

なら、ナタがベストかな、と思うのですが

よくあるこういうナタ

これは、あくまで枝打ちや剪定に適しているものであって

本来薪割りなどの用途にはあまり向かない、という記事を読みました。

向いているのは、

このような剣鉈である、とその記事の筆者が細かく説明してくれていました。

理由を読むと納得できたのですが、どうやら

その刃の構造の違いのようなのです。

で、そのとても丁寧な刃の違いによる薪割りの向き不向きは勉強になったのですが、

今回の記事で肝心なのはそこではなくて、銃刀法的にどうなのかということです。

前者のナタ。これはもうなんか見た感じからして、

たぶんキャンプとかブッシュクラフトとか一切やらない人が見ても

「あ、山で仕事する人とかが使ってるアレだよね」

ってすぐピンとくるやつだと思うんですよ。

でも、後者は違いますよね?どっちかっていったら、ジェイソンが持ってそうじゃないですかこれ?

実際、マチェットという刃物があります。こういうやつ↓

これ、商品説明的には「軍用ナタ」と呼ばれることもあるようなんですよね。

素人目に見ても、ものすごい殺傷能力高そうですよね。

でも、これもあくまでナタなんですよ。そして、

もし仮に所有が許されるなら、自分はむしろこういうタイプのものこそブッシュクラフトに向いてるんじゃないかと思うわけです。

ある程度重量もあって、振り回しやすくて、枝打ちも薪割りも斧ではやりづらそうな削り作業も、全部こなせそうじゃないですか?

でも、これ銃刀法的には完全にアウトに思うんですよ。

もし自分が警察だったら、いくらキャンパーなんだろうなってわかるようなスタイルだったとしてもこれはちょっと没収しそうだし。

そんなわけで、

結局答えは出ておらず、たぶん微妙なケースは判例でも調べないとはっきりとはわからないグレーな部分なのかもしれませんが、

要は「10人中9人、せめて8人くらいが納得できるレベルで用途がわかる」程度の刃物でないと捕まっちゃうんだろうな、っていう話でした。

 

いやほんと、どこからが捕まってどこまでならセーフ、かが実にわかりづらい銃刀法についてでした。

キジトラの日常5

うちのキジトラは、ベッドにコロコロをかけていると全力でよってきます

ドローン到着

昨日注文しておいたドローンMavic pro(マーヴィックプロ)が届きました!

概要

Amazon価格¥129,800程度

重量約700g

特徴

とにかく小さい!

折りたたむことができるため、コンパクトになりバッグに入れておくことも可能なくらい小さい。

飛行時間がスペック27分、実測大体20分程度

使用感や総合評価は、実際に飛ばした後で続報したいと思います。

意味もなくとりあえずバッテリー充電中。

これキャンプ前に予備バッテリーも買っておいたほうがいいかもしれないな・・

なぜならば本体バッテリーはUSBモバイルバッテリーなどで充電できず、

ACコンセントで充電する必要があるようだ・・

リモコンのほうはUSB給電可能なんだけどね

Mavic proドローン

【国内正規品】DJI ドローン Mavic Pro 時速64km 4K 衝突回避システム CP.PT.000503

やってしまった

買ってしまった

明日届く予定なので届いたら改めて記事にしたいと思います。

キャンプで山奥行ったらただちに飛ばして空撮します!

キジトラの日常4

以前購入したシュラフを開封したら早速

ねこのキジトラに占領されました

 

キジトラの日常3

イスに座っていると人の上で爪立てながらモミモミ

超接写

キジトラの日常2

キジトラはようすをみている。

うしろをチェックして

もういちどようすをみている

けしてアッパーされに来たわけじゃないんです

マーキュリーエイト 高級ダックダウン シュラフ -28度

マーキュリーエイト 高級ダックダウン シュラフ -28度 寝袋 (ブラック)

概要

Amazon価格¥8,800程度

重量1.3kg マミー型

特徴

-28度耐久と書いてあるが、実際はそれは無理かと・・

使用感

気温3度、ストーブなしでテント内でコットの上で使用。

モンベルのインナージャケット2枚、ポロシャツ、アウター・ジャケット1枚を着たままシュラフで寝たところ、寒くて目が覚めるくらいでした。

真冬そのままの使用には耐えられませんが、ストーブなど暖をとる設備があるなら真冬でもいけるかもしれません。

総合評価

破れたりするまではこれを使っていこうと思います。

実際安くてこれくらいのクオリティなら満足とまではいかないまでも、

使用方法や環境を考えて使えば十分に恩恵にあずかれます。

キジトラの日常1

ちょっと眠そう

もう寝そう

頭抱えて熟睡

毛布とられた

ieGeek ipadスタンド 折りたたみ式 ゴロ寝スマホ&タブレット用スタンド 寝ながらipadホルダー

 

ieGeek ipadスタンド 折りたたみ式 ゴロ寝スマホ&タブレット用スタンド 寝ながらipadホルダー 軽量 高さ調整可能 iPad mini/iPad air/iPad2/3/4/ Nexus 7/ Vaio Duo 11/Kindle等タブレット&スマホ対応

概要

Amazon価格¥2,680程度

重量約400g

特徴

iPadやiPhone、その他スマホやタブレットを写真のように固定できる。

角度調整も可能なので上を向けたり下を向けたりも自在。

使用感

iPadなどのカメラ撮影時、固定用3脚がわりにちょうどいい。

寝ながら漫画読んだり動画みたりにもたしかに使えるけど、

現実的にはもう少し高さがほしいところ。

総合評価

高さ調節ができたら最高。

ちょっと低すぎるなって時に高さ調整さえできれば・・

もしかしたら機能的にはできるけどやり方がわからないだけなのかなぁ

炭魂 大黒オガ備長炭 一級品 10kg

炭魂 大黒オガ備長炭 一級品 長時間燃焼 10kg

概要

Amazon価格10kg¥2,100程度

特徴

おがくずを固めて作られている炭。

通常の木炭より煙が少なく、爆ぜない。そして長時間燃える。

使用感

家の中で使っても、煙は大して出ませんし爆ぜないために火花が散って危ない、

ということも少ない使いやすい炭です。

難点は火がつきにくいことくらいですが、固形燃料などで一定時間強制的に火あぶりにしたり、ハンドトーチで炙ったあとそのまま扇風機などで一定時間空気を送り込めば問題なく着火します。

そして一度着火すると相当長いこと燃えます。

総合評価

着火の仕方さえ知っているならば、これほど使いやすい炭は他にないでしょう。

一酸化炭素中毒に注意すれば、幕内での暖房がわりにもかなり重宝します。

持ち運び方法やキャンプ場の制限などがないならば、

これ以外の炭は考えられません。

Chileeany ファイヤースターター

Chileeany 大きいサイズ 火打ち石+コンパス ファイヤースターター マグネシウム 着火具 サバイバルツール (赤)

概要

Amazon価格¥899程度

重量56g

特徴

マグネシウム火打ち石。マッチの要領でこすると火花を散らせます

使用感

他のファイアスターターを使ったことがないので比較対象がないのですが、

新聞紙に火花を飛ばして着火できたので、

ブッシュクラフトなどで燃えやすい枯れ草などを集めて着火することも可能と思います。

つまり、ファイアスターターとしての機能は必要にして十分備えていると判断。

総合評価

上述の通り、ファイアスターターとしては問題なく使えます。

個人的な好みとしては、もう少し棒の部分が長いと

より火花を散らしやすいのではないかと思います。

3軸32bit電子制御カメラスタビライザー 3XSTBL2R

3軸32bit電子制御カメラスタビライザー 3XSTBL2R

概要

Amazon価格¥19,800程度

重量大体400g(電池こみ)

連続使用時間はだいたい4時間程度とのこと

特徴

3軸のジンバル。

電子制御で、常に水平を保てる。

使用感

次回キャンプ用に手配したのでまだ実際の使用というわけではありませんが、

電源入れて起動してみた感じ、期待通りの動きをしています。

ただちょっと重いか・・?ちょっと長めに歩きながらの視点撮影をする予定なので、

腕が疲れることを想定して、体にマウントできるように何か考えたほうがいいかもしれない

総合評価

まだ実戦投入していないので、今回は総合評価を見送り。

ドローン

空撮したい・・

と思っていろいろ調べました

まず、前回訪れた奥多摩、ここは都内でもドローンを飛ばせる貴重なエリアだった。まあ人いないし建物も少ないしね・・

ドローンといえば1万円を割るものから数万円、10万円以上のもの、

はては数十万円以上する高価なものもあるけど、

最初に空撮したい!と思うきっかけになった動画の撮影機材はPHANTOM2 VISION+というモデルだったことが判明した。

PHANTOMシリーズは既に現在4が出ており、

3から4に世代交代するタイミングであることがわかった。

スペックを3と4で比較すると、3でいいかなという結論に至る。

3の中にもグレードが3種類あって、

スタンダード、アドバンスド、プロフェッショナルがある。

スペックの中でも特に重要な差は下記の通り。

スタンダードは2.7K映像、操作距離は500m。

アドバンスドは2.7K映像、操作距離はなんと2km。

プロフェッショナルは4K映像、操作距離は2km。

日本国内の法律では、上空150m以上は飛ばしちゃならんので、

正直どれもオーバースペックに思えるけど

海岸線とかで目視できる範囲で、より沖の映像を撮ったり無人島とか撮る場合を想定してやはり2kmの操作距離がほしいということでアドバンスドを採用する。

価格はだいたい10万円と、ドローンとしては高級モデルなのかもしれないけど

たぶんやりたいことはこいつが全部叶えてくれると思われる。

4Kを買わない理由は単純、4K映像はまだまだ必要ないと思うから・・

 

※しかし、調べているとなぜかアドバンスドとプロフェッショナルの市場価格差がほとんどなくなっているようなのでプロフェッショナルにするかも・・

ソロキャンプしてきました

奥多摩、氷川キャンプ場にてバックパックソロキャンプをしてきました。

河原に50張ほど分の敷地があり、

マス釣りや温泉も楽しめるようです。

※今回はどちらも準備していなかったため見送り・・

 

 

トイレもウォシュレット完備、流しもバッチリ、

なんとゴミ捨て場まであり、

キャンプ初心者には非常に利便性の高いキャンプ場でした。

スーパーも近く、徒歩3分ほどの場所にあって食料の調達も容易で、

駅からも徒歩5分ほどと非常にアクセスのいいキャンプ場でした。

次回はもっと奥地にある人気のないキャンプ場に挑戦しようと思います。

スノーピーク(snow peak) 純チタン食器3点セット STW-001T

スノーピーク(snow peak) 純チタン食器3点セット STW-001T

概要

重量200g Amazon価格¥4,730程度

特徴

オールチタン

使用感

軽い上に丈夫、使い終わったらとりあえずその場はウェットティッシュでふいておけば、帰ってから洗っても全然問題ないです。

焼きそば、鶏肉を焼いたり、

インスタントラーメンをつくったりしましたが全部使い終わりはウェットティッシュでふいただけで十分に綺麗に保てました。

総合評価

もう安定のスノーピークといいますか、

文句のつけようがない品質でした。

たぶんこれ一生もの系の道具ですね。

Lixada バーベキューコンロ

Lixada バーベキューコンロ

概要

Amazon価格¥1,300程度

重量200g程度

特徴

とにかく小さい。8cm四方程度。なのにちゃんと燃える。

使用感

小さいものならなんでもかんでも燃やして遊べる。

実用性という意味では、お湯をわかしたりするには少し物足りません。

なぜならばそれだけよく燃えるほどの薪が入らない・・・

別に焚き火かまどがある状態で、そっちで着火した炭を一部この中に入れて、

ちまちまと炭焼きを楽しむ、という使い方や

固形燃料やアルコールストーブの風防がわりに使う、というところですね

総合評価

実用性よりもおもちゃとしての性格が強いと思います。

炭にさえ着火できればほんとにちまちまと卓上で炙りを楽しむことができます。

あとは、かなり注意が必要だと思いますが、

炭を入れてテントの前室においておくなどしてちょっとした暖房として使うこともできそうです。

LEDランタン Wolfyok IP65

LEDランタン Wolfyok IP65

概要

重量155g  MAX 300Lm  USB充電

Amazon価格¥2,000程度

特徴

とにかく点灯時間が長い!

そしてスマホなどの予備モバイルバッテリーとしてUSB充電可能

使用感

ソロキャンプにおける夜はこれ1個あれば照明十分です。

夜間の道を歩く用の懐中電灯としても、

明るさ十分、しかも二段階の明るさ調節可能で非常に便利でした。

そしてまったく心配にならない点灯時間。満充電していけば2泊の使用も余裕な気までしました。

総合評価

キャンプにおける照明、という機能美だけで言えばこれ一個あれば十分です!

ただ、ランタンとしての風情、といったものは一切無いので、

渋いランタンを別で用意して、こちらを主照明として使い、

雰囲気用ランタンは雰囲気用ランタンとしてあっていいと思います。

HAWK GEAR(ホークギア) レインカバー付 防水 バックパック 80L

HAWK GEAR(ホークギア) レインカバー付 防水 バックパック 80L

概要

重量2.3kg 価格¥5,980程度でAmazon購入可能

容量は80L!

特徴

とにかく安い!この価格帯でこの容量、

そして価格のわりにしっかりした作り。

使用感

パッドも厚く、背負っていて楽です。

荷物のすべてを詰め込む、いわゆるバックパックソロキャンプで使用しました。

テント、テーブル、コット、チェア、シュラフ、グラウンドシートなどなど・・

つまりこのバックパックの最大能力を発揮してもらいました。

おそらく重量17kgほどになったと思われますが、どこも破れたりほつれたりしていません。

総合評価

申し分なし!

繰り返し使用した場合の耐久性はまだ未知ですが、

この価格でこのクオリティは他に無いのではないでしょうか。

この手のギアは上を見るとキリが無いほどいい商品がそれなりのいいお値段で売られていますが、

コストパフォーマンスでこの商品の上をいく商品にはそうそう出会えないと思います。

大容量バックパックがとりあえず欲しい、というキャンパーさんにおすすめしたい一品です。

NITINEN(ニチネン) カセットボンベ式ガスヒーター ミスターヒート KH-011

NITINEN(ニチネン) カセットボンベ式ガスヒーター ミスターヒート KH-011

概要

本体重量:約1.5kg Amazon価格¥5,200程度

連続燃焼時間:約220分

特徴

イワタニのジュニアバーナー同様、あのガス缶が使えます。

1本でだいたい3時間以上使えます。

使用感

手軽に扱えるわりに、ちゃんとあったかく、ソロキャンプで使う分には申し分ないヒーターです。

換気にさえ気をつければ幕内での使用も問題ありませんでした。

(一酸化炭素中毒には注意!当ブログでは一切の責任を負いません)

総合評価

イワタニのガスヒーターとも迷ったんですが、

こちらにして正解だった気がしてます。

理由はその駆動音です。イワタニのガスヒーターはかなり騒音が出ますが、

このガスヒーターはほとんど無音といえるでしょう。

冬場のキャンプには欠かせない存在です。

モーラナイフ

モーラナイフ

概要

Amazon価格大体¥2,000程度

刃長:約103mm 全長:約218mm 刃厚:約2.5mm 重量:約84g

言わずと知れたスウェーデン発の歴史あるナイフです。

特徴

かなり汎用性高く、わりとなんでも切れます。

バトニングに料理に、その活躍範囲は広いです

使用感

自分はまずバトニングに使いました。ガンガン薪割れます。楽しいくらいでした。

その後、鶏肉を焼く時に、ちょっと大ぶりすぎた肉を切り分けることにも使いましたが問題なくサクサク切れました。

総合評価

ナイフは、収集欲コレクション欲をくすぐる物ですが

しばらくこのナイフ一筋でいこうと思います。

ケースもついていて、機能美も造形美も最高です。2000円は安い!

岩谷産業 ジュニアコンパクトバーナー

岩谷産業 ジュニアコンパクトバーナー

概要

こちらももはや説明不要かもしれません。

イワタニのあいつです。重量275g

Amazon価格大体¥3500程度

連続燃焼時間:[イワタニカセットガス使用時] 約120分

特徴

スーパーや、下手すりゃコンビニでも売ってる、あのガス缶が使えます。

↓こういうやつね

使用感

厳冬期の山奥などで使ったわけじゃないので、

氷点下の高高度での使用は正直わかりません。ていうかたぶん使えません。

ですが、自分が使ったのは気温一桁標高300m程度の場所です。

こういう場所でなら何の不便もなく使えます。火力も申し分ありませんでした。

総合評価

ハードな登山をするつもりはないので、

しばらくこいつのお世話になるとおもいます。

コーヒーも飲めるし、鍋もできるし、インスタントラーメンも作れるし、十分な内容で満足!

PONCOTAN ウルトラライト フィットチェア

イス!

PONCOTAN ウルトラライト フィットチェア

概要

↑の写真にもありますが、スペックでは耐荷重120kg(言い過ぎ感)

重量860gとなかなかの軽さ お値段¥3340程度でAmazonで購入可能。

特徴

とにかく組み立てが簡単。初めて使う時、ポンポンと気持ちいいくらいにテンポよく組み立てられる感じが心地よかったくらいです。そして安い!

これはキャンプだけではなく、花火大会などに持ってくのもいいかも

使用感

座り心地は文句なし!

お値段のわりにすごくしっかりしてます。

繰り返し使った場合の耐久性なんかはまだまだ見えませんが・・

座面の生地もかなりしっかりした生地なので、そうそう破れたりはしなさそうな安心感がありました。

総合評価

この値段でこの内容は相当バランスいいと思います。

将来的な耐久性だけどれくらいもつか、ってところですが、しばらくはこいつにお世話になるだろうと思ってます。

テーブル キャプテンスタッグアルミロールテーブル

もはや説明不要かもしれません、キャプテンスタッグのあいつです

キャプテンスタッグ アルミロールテーブル

概要

大体¥1,350くらいでAmazonで購入できます。

コンパクトに折りたたんで、使いたい時にパッと使える、

キャンパーさんでこいつの存在を知らない方はそうそういなそうなくらい多くの方が使用されていると思います。重量700g。

特徴

アルミなので、化繊メッシュなどでできているテーブルより

確実に熱を気にせず使えて、掃除もアルコールティッシュなどでさっとひとふき。

専用バッグ付きで持ち運びもらくらく

使用感

文句なしに便利。

足高いバージョンもあるのかな?あったら高いイスにも合わせられるかもしれないですね

総合評価

ソロキャンプでは、もうこれさえあればいいんじゃないかな?と思うくらいいい出来です。

ファミリーキャンプだと物足りないでしょうね特に高さが。

コット BRS折りたたみ式ベッド

次は、コットです。

BRSコット

概要

たぶん中国かな?BRSというメーカーの、重量わずか1.3kgのコットです。

これがあれば、下が砂利でも快適に横になれます。

組み立てに少し手こずりますが・・慣れればいけます

特徴

足は6組くみたてるんですが、

4組はポール1本で組み立てます。

中央の2組は、強度増強のためにポールを2本通します。

これが、ものすごく組み立てる時かたくてつらいです。解体するときも、この強度のためにものすごく手が痛くなります。

使用感

自分の体重はたぶん65kg無いくらいなんですが、

これくらいの体重の場合はこの2本通す足は必要ないと思いました。

実際、家で事前に組み立てをした時は2本ポールで組み立てましたが、

現場で使用した時は全部の足を1本ポールで使いましたが問題なく眠れましたし、

破損も起きませんでした。

何度か使うと壊れるかもしれませんが・・

総合評価

お値段¥6700程度と手頃ですし、全部1本ポールで作れば組み立ても楽なので十分なクオリティかなーと思ってます。

テント King camp KT3008

まず、テントです。

概要

King camp KT3008

このテントは、中国の新興メーカーKing campが販売しているテントで、

自分が買った時は¥8,800でAmazonで購入できました。

4人用

特徴

とにかく前室が広いです。

重さは4.2kg、ソロキャンプ用テントとしてはちょっと重め

最初に使った時は正しい組立て方がわからず、ガッタガタのままよれよれで設営しました。

キャンプ後、テントを干してからたたむ時になって、

ようやく正しい組み立て方がわかりました。

やっぱりテントは事前に一度組み立てテストを行ってから実戦に臨むべきでしたね。。

使用感

4人用だけあって前室もインナーもかなり広め、個人的には値段のわりにとてもお得なテントだったと思います。

前室は荷物や薪だけでなく、テーブルを置いてイスを置いても大丈夫な程度の広さがあり、雨のキャンプでも前室をつかって余裕で煮炊き可能な広さがあります。

総合評価

お値段¥8,800というやすさのわりにとてもいいテントだと思います。

広いし、組み立て方も一度わかればさほど難しいものではありませんし、

一人で余裕で組み立てられます。

そのうち書きますが、ペグだけは付属品より鍛造ペグ買ったほうがいいかもしれませんね。

 

2017.4.30追記

この季節ですでに、昼間炎天下では中がものすごく蒸します。

夜はまだ冷え込む時期なのでちょうどいいとも言えますが、

真夏なんかはタープ併用やなんらかの日差し対策をしないと

雨の中幕内にいなければならない場合などとてもつらいかもしれません。

ソロキャンプ道具について

このブログでは、

自分がソロキャンプを通して使える、使いたいと思った道具を実際に使用し、

その感想を主につづっていこうと思います。

メニュー

目次

PAGE TOP